都内で腰痛を治す5つの方法

back pain in tokyo

腰痛に悩む人は多く、既に悩んでいる人は80%いるとも言われます。恐らく全人生を通して腰痛に悩む可能性はあります。メリットを言えば腰痛は多くの人が悩む症状であり、痛みを緩和する方法はたくさんあります。今回は東京で腰痛を治す5つの方法を紹介したいと思います。

都内で腰痛を治す5つの方法

市販の鎮痛剤

腰痛に特に効果をもたらす鎮痛剤(有効成分)は、イブプロフェンとアセトアミノフェンです。これらの成分は抗炎症剤でもある以下の薬に含まれます。

  • イブA (イブプロフェン)
  • ノーシン錠  (イブプロフェン)
  • タイレノール  (アセトアミノフェン)
  • 上記の薬よりジェネリックで安く買える市販薬もあります。
  •  

アスピリンは日本では「バファリンA」として買うことができ、「バイエルアスピリン」を含むいくつかの商品でも手に入れることができますが、前述の薬品ほどは、腰痛を治すのに効果を発揮しないかもしれません。 

日本の鎮痛剤の市販薬、その効果・副作用についての詳細な情報は、最も一般的な商品をリストしています。もちろんセルフメディケーションの前に医師に相談するのが最善の方法です。

理学療法

理学療法(リハビリテーション)は,「フィジカルセラピー」とも呼ばれ、身体の可動性や機能を促すために使われる医学的療法の1つで、機械的な力と動きに焦点を当てています。 理学療法は通常数週間続くプログラムによって腰痛を和らげることが示唆されています。腰回りの筋肉を鍛え、機能を向上させ、そして将来患者が遭遇するかもしれない腰痛のサポートをするためのメンテナンスプログラムを提供します。このプログラムを忠実に実行すれば、腰痛は軽減され、ぎっくり腰を最小限におさえます。 理学療法は特に腰の手術を何度も行うという人にはおすすめです。

市販の薬が合わず、腰痛を緩和するためにもっと包括的な方法を探しているなら、鍼治療にシフトするのは副作用もほとんどないですし、賢い選択です。鍼治療では細い金属の鍼を使って中枢神経を刺激します。痛みの感じ方を変える化学物質を放出することで反応は変わりますし、鍼治療の効果は鎮痛剤に匹敵し、腰痛を軽減する代替方法として大いに評価されています。

パッチ・クリーム・塗布剤

軽度の腰痛や時々生じる腰痛の場合、日本では数多くのパッチ・クリーム・塗布剤がドラッグストアで入手可能です。痛みを緩和するパッチは「湿布」と呼ばれ、大きさもさまざまなものが販売されています。冷感・温感の両方があり、腰痛を和らげるにはもっとも簡単で優れた方法です。もちろんクリームや塗布剤もいい方法です。

CBDオイルも抗炎症の特性があり、腰痛に悩む人たちにしばしば利用されます。CBDが何かしらの痛みに役立つという証拠は海外で増えてきています。

整形外科

理学療法について調べている人は、既に筋骨格系(骨・腱・靭帯)の専門である整形外科に詳しいかもしれません。慢性的な腰痛や関節が曲げづらくなる(可動性制限)ことに悩んでいて、上記の方法で痛みを緩和できなかったら整形外科医に相談するべきかもしれません。

腰痛を防ぐ方法

ことわざでもある通り、「治療より予防するに越したことはない」ので、結局はあなたの生活スタイルをちょっと変化させるのが腰痛を防ぐベストな方法かもしれません。定期的な運動・特に体幹を強くする運動をして、脊椎が老化しないようにタバコは吸わないようにしましょう。 ヨガのようなストレッチの運動をルーティーンでできるだけやるようにしてください。都内では小さな背もたれのサポートシートやクッションが大人気で、デパートですぐに見つけられます。

結論

お分かりのように、腰痛を和らげる方法はたくさんあります。あなたに最適な方法を見つけるのは難しくはないでしょう。

最後にまとめです。

  • 市販の鎮痛剤は東京のドラッグストアで普通に売られています。
  • CBDは腰痛に役立つ可能性があります。
  • 理学療法と整形外科の予約は英語で取ることができます。
  • 軽度の腰痛ならパッチや塗布剤も選択肢に入れるべきで、ドラッグストアで購入可能です。

Block "ht-cbd-oil-table" not found

コメントを残す