HealthyTOKYOブログ |すべての記事

CBDTokyo 10.4 CBD Oil

CBDオイルは1日にどのくらい飲んでいい?

CBDオイルを購入してみたけれど、どのくらいの量を飲めばいいのかわからない……そんな声をよく耳にします。また、CBDを摂りすぎるとどうなるの?なんて疑問も浮かんでくるかもしれません。ここではなぜCBDプロダクト1日の目安がはっきりと定められていないのか、その理由や、CBDを摂る際の注意点、量のアドバイスを用途別、プロダクト別に徹底的にご紹介します。

CBD ドリンク ヴィーガン オーガニック 東京

CBDドリンクメニュー、ヴィーガンかつオーガニックで体と心に優しく – HealthyTOKYO CBDショップ&カフェ代官山

2020年12月にオープンしたHealthyTOKYO CBDショップ&カフェ代官山。駅からほど近く便利な立地ながらも空気がゆったりと流れる閑静なエリアで、リラックスした上質な時間がお過ごしいただけます。カフェで提供するドリンクはすべてヴィーガン、そしてほとんどがオーガニック。もちろん全商品にHealthyTOKYOの高品質なCBDオイル入りです。体にも心にも環境にも優しく、オリジナルレシピで作られたプレミアムなドリンクのラインナップ。テイクアウトとデリバリーでお楽しみいただけます。

心の病に効くCBD

精神障害に効くCBDオイル~抗精神病薬特性に関する研究

今回は、精神的な障害にどうCBDオイルが作用するか、研究ではどのような成果が出ているかご説明します。 世界中でおよそ5人に1人、何らかの精神障害で悩んでいます。顕著なところでは、うつ病・不安障害・統合失調症です。 心の病を薬で治すことはできますが、その症状のコントロールは非常に難しいです。 CBD、特にCBDオイルは、精神障害を緩和することが研究でも示されています。精神障害を緩和する処方薬の代わりになってくれるかもしれません。

cbd for depression hero

CBDはうつ病に効果がある?~CBDの前臨床試験とその結果

カンナビジオール(CBD)は医療用としての有効性が注目されている成分の一つで、抗酸化作用や抗炎症作用、抗不安作用があることが確認されています。最近では、うつ病に対する治療効果にも関心が高まっています。この記事「CBDはうつ病に効果がある?~CBDの前臨床試験とその結果」では、CBDの抗うつ効果を探り、最新の前臨床研究の結果を紐解いていきます。これにより、CBDのうつ病への応用可能性について、理解をより深めことができるでしょう。

hemp c

ヘンプクリームの効果とは?クリーム、ローション、ヘンプの最適化

ヘンプクリームの使用にあたっては、商品の使い方をよく理解することが必要です。自分の肌に合っていると思っても、クリームの使い方を間違えると、肌に悪影響を及ぼしかねません。ですから、ヘンプクリームの使い方を理解することで、より良い結果を得られるようになりますよ。

How to store CBD oil green fridge

CBDオイルの保管方法は?CBDの正しい保存方法

近年身近なところで目にすることが増えたCBDオイルですが、適切に保管しないと効力が損なわれる可能性があるのをご存知でしょうか?
ここでは、CBDの保管温度や、CBDオイルは何日くらい持つのか、CBDオイルは冷蔵庫保管が良いのかなど、CBDオイルの保存方法について詳しく解説していきます。

犬のためのCBD

CBDは犬にとってどのように安全なの?まさにこれは必需品です

犬の飼い主さんは、愛犬が快適で健康に過ごしているかが気になります。それをチェックするには手段を問いません。ですから犬にCBDを使用するようになったのはごく自然なことです。
CBD(カンナビジオール) は、大麻に含まれている治療性のある化合物です。安全性に優れ、人間にも副作用が少ないこともわかっています。愛犬に使用するにあたってまずこのことを知っておきましょう。 チョコレートなど人間の嗜好品には、私たちに喜びをもたらす反面、犬には致命的である可能性があります。
CBDは犬にとって安全ですし、彼らのいくつかの症状を緩和するのに役立ちます。 CBDが犬にとって無害であり、その正しい使用法を知ることは犬のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を向上するにあたって大事なことです。

CBD for epilepsy

てんかんにおけるCBDの効果:臨床試験

CBDは健康上のメリットを数多く持っています。不眠や集中力の欠如・痛みなどの症状を改善するのはもちろんですが、てんかんなどもっと深刻な症状にも効果を発揮すると考えられます。 今回はCBDが、てんかんの症状を緩和する効果について見ていきましょう。 臨床試験で数多くの成果が出ているので、CBDをてんかんの症状に使用することは最近大勢の人から注目を浴びています。 FDA(アメリカ食品医薬品局)で、CBDの使用がはじめて認められたのは「てんかん」の症状を緩和する効果についてでした。 CBDの効能について考察する、ヘルシー東京の10回連続シリーズの記事、今回は2回目ですが、 なぜCBDをてんかんに使用するべきなのかについてご説明します。

猫のためのCBD

猫にも効くCBDやCBDオイル~秘められた健康効果

多分皆さんの多くが、人間や犬と同様に、猫にもCBDが効果をもたらすか、気になっていることでしょう。近年ヒトにも犬に対しても、さまざまな症状を緩和する効果があることで、CBDに熱い視線が注がれています。今回は、猫にとってC […]