Chat with us, powered by LiveChat

Free Shipping
Within Japan, free shipping on orders over ¥10,000
For international deliveries, free shipping on orders over ¥15,000

ペットにも効果があるCBD~症状の緩和効果と飼い主さんの声より~

ペットのためのCBD

CBDオイルは、人間の場合と同じようにペットにも作用するのでしょうか? 以前のHealthyTOKYO の記事では、うつ病やてんかんの症状を緩和する効果がCBDにあることについて、お話ししてきました。 しかしCBDオイルが、もふもふのペットたちにも似たような効果があるという研究については、知らない方が多いのではないでしょうか?

ペットのためのCBDについてお話しする前に、まずCBDについて一通り知っておきましょう。 CBD(カンナビジオール)は、カンナビノイドとして知られる化学物質の一種です。 CBDはカンナビス・サティバという天然麻植物から抽出されます。 この植物は、THCというほかのカンナビノイドも含んでいます。THCは大麻の精神活性成分であり、人間を「ハイ」にすることでも有名です。 CBDとTHCはいずれもカンナビノイドで、体内の内因性カンナビノイド受容体と相互に作用しますが、 CBDには精神活性はありません。 なのでTHCとは違い、CBDで人間がハイになることはありません。 実際にCBDは内因性カンナビノイドのシステムを刺激し、ホメオスタシス(恒常性)を促し、痛みや不安感を軽減する効果があると考えられています。 CBDのさまざまな健康効果については、HealthyTOKYO サイトの関連記事をぜひ読んでみてくださいね。

人間にとってCBDがどれだけ効果があるか?ということが明らかになってきた今、今度は「ペットにもその効果があるのか」というのは論理的にも気になるところです。答えは「イエス」のようです。

さっきお話ししたように、CBDオイルは人間の内因性カンナビノイドシステム(ECS)と相互作用します。 そして犬や猫はもちろん、哺乳類の動物はすべて「ECS」 を持っているのです。 ECSは、睡眠や痛み、炎症・記憶力・感情、免疫反応まで、広範囲にコントロールする体内制御システムなのです。 ECSは健康を維持するために不可欠のシステムと言えるでしょう。

CBDの効果についての研究は、これまでラットやマウスを使っての前臨床試験・人間を被験者にした臨床試験で行われてきました。 CBDのペットに対する効果はまだ研究段階ではありますが、 ペットにCBDオイルを与えて見られた効果について、飼い主さんや獣医師から有力な証言もあるのです。

例を挙げると、以下のようなペットの症状を緩和する効果があるとわかっています。

  • 痛みと炎症
  • てんかんと発作
  • 不安感
  • 関節炎など、関節が動かしにくくなる症状
  • がん
  • 睡眠
  • 消化器系の症状
  • 自己免疫疾患
  • 食欲
  • 心血管の問題
  • アレルギー
  • 皮膚のトラブル
  • 腸の病気

これらの症状は人間にもあるもので、CBDが効果を発揮します。ペットの犬猫に対しても同様の効果が得られるのです。

CBDはホメオスタシスを促進しますので、病気や諸症状に悩んでいるペット以外にも効果をもたらします。 多くの飼い主さんは、愛するペットに栄養補助食品としてCBDを与えています。 人間のケースと同じで、CBDはECSがきちんと機能するために、体内にカンナビノイドを提供してその欠乏を補うのです。 CBDはペットの身体機能のバランスを保つためにECSを刺激し、そのことでペットは健康を保て幸せな生活を送れるというわけです。 いくつかの獣医学の研究では、CBDがペットのECSと相互作用し、関節や神経学的な健康・情動行動を促すこともわかっています。

飼い主の皆さんが気になるところは、「CBDはペットにあげても安全なの?」ということでしょう。人間の場合と一緒で、CBDには精神活性作用はありません。だからペットがハイになる心配もありません。 研究によって、CBDには毒性がないこともわかっています。人間・ペットが過剰摂取に陥ることもないのです。 これらの研究では、CBDには副作用が極めて少ないことも示唆されています。 ペットにCBDを与えたある飼い主の話によれば、「副作用はあるとしても最小限」とのことです。

CBDはペットの症状緩和に、処方薬の代わりとして使える可能性もあります。処方薬は高額で副作用もありますので、それを考えると天然由来のCBDは安心できますよね。

ペットにCBDを与える方法はさまざまです。CBDオイルと水を混ぜて飲ませる、あるいはフードに混ぜる、直接オイルを口にさせてもいいでしょう。既製品でCBDを含んだおやつがあれば、それをあげてもOKです。

飼い主の感想をご紹介します。

  • デニスは脾臓に腫瘍があり、「余命2ヶ月」と宣告された愛犬・マイルスを飼っています。 マイルズにCBDを与えてみたところ:「彼はビーチで走っていました。彼は自分自身を取り戻したのです。もしトラマドール(がんの疼痛用治療薬・鎮痛剤の一種) を服用していたら、マイルズは寝たきりになり、何も楽しめず食べられず、おそらく死んでいたでしょう。CBDがあって本当によかったです」
  • ジョイスは腰が悪いビーグル・シナモンを飼っています。 彼女がペットにCBDオイルを一回与えたところ:「私が出かけようと声を掛けたら、シナモンは椅子から飛び降りたのよ。普段は何度も声を掛けないと、彼女は動かないのに…。彼女は私に挨拶しに足をなめに来るようにもなりました。もうそれを見て泣きそうでした。そんなことをしたのは本当に久しぶりだったのです」
  • 「私の犬は、雷鳴など嵐が来ると、すごく不安になっていました。 そんな時はしばしば嘔吐するので、やせてしまって。 CBDオイルは彼が安眠するのに役立ち、嘔吐せずに食事ができるようにもなりました」
  • 「うちの12歳のレオンベルガーは、発作を起こすようになり、ある日大きな発作が起きてしまい、死ぬんじゃないかと思っていました。ある人がCBDの存在を教えてくれ、使ってみてびっくりしました。3日以内で彼女は立ち上がり、軽やかに歩いてくれたのです。私たちは発作を抑えることができました」

まとめ:

  • CBDは人間とほとんどのペットに同じような効果をもたらす
  • ペットの飼い主の多くは、ペットにCBDを投与したところ、いろいろな症状が緩和したと話しています。
  • CBDは副作用もごくわずかなので、処方薬より安価で、それにとってかわる治療薬として活躍するかもしれません。
  • 健康維持のために、CBDを日々のサプリメントとしてペットに与えることも可能です。

コメントを残す