日本における漢方薬~あなたの健康のための漢方薬

Chinese Medicine in Japan – Kanpouyaku for your Health

もしあなたが自分を苦しめる症状のために、治療法を自然療法と伝統医学にまで手を伸ばしたいのであれば、かかりつけ医に漢方薬について相談するか、地元のドラッグストアで市販の漢方薬を買うことをおすすめします。

私たちが病院に行って処方箋を受け取るときは、普通は「西洋医学の薬」の処方を意味します。大手の製薬会社が開発した現代の治療薬です。日本では医学において西洋と東洋の両方の特性を 取り入れられるメリットがあります。 日本の医師は患者に現代医学と伝統医学の両面から処方することがよくあり、自然療法は日本にはたくさんあります。

西洋医学と東洋医学の大きな違いは、それぞれ医学的にどのようにアプローチするのかということです。西洋医学は問題に真正面から向き合う傾向があり、特定の薬で体の悪い部分が治せるという風に、人体をパーツ別に着目しています。いっぽう東洋医学、中国の医学、一般的には漢方薬と呼ばれるものは、人の体全体を見ています。

東洋医学の哲学としては、人体は統合していると考えて、全身を見渡すこと、体のバランスを取り戻し、特定の問題を解決するための体系的アプローチを重視しています。ほとんどの診療所や病院には、漢方薬の処方がオプションとしてありますが、中には東洋医学を専門にして患者のニーズに応じた漢方薬を処方する医師のいる施設もあります。

近年では漢方を処方する医師が増えており、ドラッグストアでもさまざまな症状に対応する市販の漢方薬が買えるようになりました。西洋医学の薬で効果がない患者は東洋医学を選ぶことができ、その逆も可能です。問題が生じたときに薬を服用するのは私は好きではありません。できればごくまれに最後の手段として、医者にはかかりたいです。それにもかかわらず体が限界を超えて自分が病気になっているのに気づくことがあります。

そうした場合に私が取る最初の行動は、よく眠ることと、生姜茶やチキンヌードルスープのような家でできる民間療法で病魔を撃退するということです。その次には漢方薬を選ぶでしょう。多くの西洋医学の薬と比べれば漢方薬は自然で、通常は粉薬です。 それでもダメな場合は、もっと強い薬・ほかの市販薬や医師が処方する薬を頼ろうと思います。

Block "ht-cbd-oil-table" not found

コメントを残す