日本のエナジー&ビタミン飲料

Energy and vitamin drinks in Japan

日本ではエナジードリンクが長年にわたって愛されています。エナジー・ビタミン飲料のいくつかは1960年代に製薬会社が初めて生産し、いま「エナジードリンク」といえば、大体の人が「レッドブル」や「モンスターエナジー」など、特徴的なデザインの人気ブランドを思い浮かべるでしょう。

ですが日本ではエナジードリンクは、必ずしも同じスタイルで販売されているわけではありません。 大正製薬が最初に作ったエナジードリンク「リポビタンD」のように、多くの商品は100mlの茶色いガラス瓶に入っており、2,3口で飲めてしまう容量の少ないものです。そのほとんどはリーズナブルな価格で「栄養ドリンク」「栄養ドリンク剤」と呼ばれており、訳す時もそのように書かれます。

栄養ドリンクはもともと、日本のサラリーマンがハードな勤務時間の合間に、士気を高めるために作られたのです。 これらのドリンクには漢方薬や薬効成分が入っているものもありますが、
主要な栄養成分は水溶性カフェインやビタミン(主にビタミンB)・タウリン・ナイアシンなどであり、レッドブルの成分とそれほど違いはありません。
日本人の多くは栄養を摂るためにこの飲み物を消費しますが、欧米人は迅速なエナジーチャージを求めてドリンクを飲みます。

日本の栄養ドリンクはエナジーチャージをするだけでなく、食欲増進や免疫力アップ・疲労回復に役立つとされ、ビタミンやミネラルを補給し、妊娠中や授乳中に必要な栄養素を提供するともされています。 もちろんこれらの製品の1日あたりの摂取量制限も表示されており(通常は1本か2本まで)1本当たりの容量が少ないほど摂取量は調整しやすくなります。

近年は海外からの「エナジードリンク」が流行を巻き起こし、日本の数多くのメーカーも個性的な味とデザインでマーケットに参入しています。
ですから日本のドラッグストア・コンビニエンスストア・スーパーマーケットに行けば、いくつかの棚の上から下までズラッと、さまざまな日本製のエナジードリンク・栄養ドリンクを目にすることができるでしょう。
ほとんどは男性・女性・若年層・シニアなど、多様な顧客セグメント別でターゲットにしています。現在国内で男女に人気のトップ5のエナジードリンクは以下の通りです。

男性:

  • アリナミンV – 迅速なエナジーチャージ
  • ユンケルスター – 18種類の植物性生薬とミネラルで疲労を和らげる
  • アリナミン7 – フルーティーな味で日々の疲れを緩和
  • アリナミン V & V ニュー – アリナミンVのビタミンを2倍量配合
  • エスカップ デラックスA – エスカップのビタミンを2倍量配合でエネルギー補給

女性:

  • アリナミン V – 迅速なエナジーチャージ
  • スパークユンケル – 倦怠感を和らげ、飲みやすいさわやかな味で女性や若い人に人気
  • アリナミンR – 就寝前や仕事の後に飲むのがおすすめ。朝体をリフレッシュするのにもおすすめです。(カフェインレス)
  • エスカップ BプラスBee – 低カロリーで疲労回復に役立ちます。女性向けに作られ
  • ローヤルゼリーと必要なビタミン・ミネラル分を配合し、リンゴ味で飲みやすいです。

エスカップE – 肉体疲労時の栄養補給・日々のストレスから体を守る効果が期待できるHealthyTOKYOではCBDモーニンググミを作りました。これにはガラナ・カフェイン・ビタミンB6・ビタミンB12など栄養成分と、有機ヘンプから抽出された15.4mgのCBDアイソレートが含まれています。

コメントを残す