日本でのCBDオイルの合法性

日本でのCBDオイル の合法性は問題視されておらず、安全だと考えられて現在販売は認可されています。しかしながらCBDオイルはヘンプ(大麻)から抽出されるので、この栄養補助食品はいわれのない汚名を着せられ、誤解されている部分があるかもしれません。日本でのCBDオイルの合法性に立つ間違った噂をしずめるために、今回はアサ科の植物に関する薬事法と医薬品・サプリメントに関する輸入法、さらにはCBDヘンプオイルの法律上のややこしい問題について言及します。

日本の薬物法

麻植物は日本でも長い歴史を持っています。麻についての記録は縄文時代までさかのぼり、神道のならわしと深い関係があり、縄や兵器・衣服を作るのに使われていました。 第二次世界大戦中 大麻(麻繊維)は軍事用としてみなされ、非常に価値があるとされていました。ロープとパラシュートコードはヘンプから作られたため、日本においてもとても重要な素材だったのです。

しかしながら1945年に日本が敗戦し、アメリカに統治され、1948年に大麻取締法が制定されました。これにより大麻とその関連製品への制限が課せられることとなります。今日でもこの法律によって大麻は厳しく取り締まられ、高い罰金を支払うようになっています。大麻の所持と無許可栽培で、国外追放や刑務所に長期間入るなどの罪を負わねばならない可能性があるのです。 

大麻取締法(1948年)

大麻取締法の第1条には「大麻植物(カンナビス・サティバL)およびその製品、大麻植物の成長した茎とその製品(樹脂を除く)と大麻植物の種子とその製品は除外される」とあります。 基本的にこれは大麻植物自体・葉、関連する製品が日本では禁止されていることを意味します。ただし茎と茎部分に関連する製品は認可されます。CBDオイルは大麻植物の茎から抽出され、テトラヒドロカンナビノール(THC)は入っていません。THCは精神活性を与える、つまり人間を「ハイ」にさせる化学物質です。CBDオイルの有効成分はカンナビジオール(CBD)で、てんかん症状の緩和や線維筋痛症など、その他多くの病気に効き目がある、幅広い健康効果があるとされます。 

CBDオイルは茎から抽出されるので、日本においても合法であり、大麻取締法においても問題はありません。

薬事法(1960年)

薬事法とは医薬品・医療機器の製造・輸入・販売を規制する法律です。2000年にこの法律はアメリカやEU諸国・オーストラリアやカナダと同様に、薬物をリスク分類するシステムに改正されました。これによってスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、特定の販売店が市販薬を売ることが可能になりました。

監視指導・麻薬対策課 は品質の規制・ラベリング・検査・ガイダンス・麻薬(大麻はマリファナの形でそのうちの1種)の管理について責任を負い、監視指導・麻薬対策課は厚生労働省の協議会・医薬品食品安全局の傘下に属します。

個人使用で医薬品や化粧品を日本に輸入する

まず医薬品を商用輸入するには、厚生労働大臣からの許可が必要です。医薬品は医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器に分類されます。

医薬品:2ヶ月分まで

  • 有毒な薬物
  • 強力な薬
  • 処方薬

医薬部外品: 2ヶ月分まで

  • 使用制限
  • 軽度の効果
  • 医療機器として分類されない
  • 外用 (点眼薬など)

化粧品:24個まで

医療機器:

  • 商用目的ではない

上記の品を個人輸入で日本に持ち込む量には制限があり、24個を超える場合には「輸入確認証(旧薬監証明)」が必要です。

注意: 検出可能なTHCを含む大麻や、茎・種子以外の大麻植物の部位から抽出されたものの場合、輸入できません。

健康食品と栄養補助食品

日本におけるCBDオイルの合法性は、「健康食品と栄養補助食品」の旗印のもとで規制されています。そうすると薬とはみなされず、「治癒能力」があると唱えることはできません。本システムはCBDオイルに限定されず、すべての健康食品と栄養補助食品に共通します。このことで誤った情報が流れるのを防ぎ、健康食品や栄養補助食品が医薬品のような効能があると誤解されないようにしています。そういうわけでCBDオイルは処方箋を必要とせず、薬事法の対象にもなりません。

まとめ

  • ヘンプ(麻)は何世紀にもわたって日本で使われてきました。
  • 第二次世界大戦後、1948年にアメリカは統治下の日本で大麻取締法を制定しました。
  • 大麻取締法によると、カンナビスサティバの茎と茎から抽出された物質で作る製品はすべて合法です。
  • したがって大麻植物の茎から抽出されたCBDオイルは法的に認められた製品です。
  • CBDオイルはTHC(テトラヒドロカンナビノール)は含んでいません。
  • THCはマリファナに覚醒作用を促す物質です。
  • 日本では違法薬物はすべて禁止されており、いずれも等しく厳しい罰則が科せられます。マリファナとヘロインは栽培・所持・流通で有罪になった場合、両方とも同じ罪が与えられます。 
  • 薬事法は日本において医薬品および医療機器の製造・輸入・販売を規制しています。
  • 薬事法では薬はいくつかの階層に分かれます。
  • 医薬品および化粧品を個人輸入するための法律があります。
  • CBDオイルは栄養補助食品としてみなされ、「健康食品と栄養補助食品」のカテゴリーに入るので、医薬品としては認められず、その有効性を訴えることはできません。

Block "ht-cbd-oil-table" not found

コメントを残す