Chat with us, powered by LiveChat

がんの症状に効果があるCBDオイル

がんに効果が期待されるCBD

サプリメントを摂取するだけで、がんのような重病に効果があるなんて、難しいだろうとみなさん考えることでしょう。 ですが、CBDオイルに含まれるカンナビノイドががんに有効である、という研究はずいぶん前から行われており、興味深い結果を生み出しているのです。 てんかん やそのほかの病気への治療にも、CBDオイルが役立っていることは、すでに多くの実績があります。なのでがんに対してもCBDオイルの使用は積極的に検討されるべきなのです。 今回の HealthyTOKYO・CBDオイルについての記事では、がんに役立つCBDオイルのこれまでの証拠を見ていくことにしましょう。

CBDって何?

As discussed in previous articles, CBD is one of the many cannabinoids found in the Cannabis Sativa L. plant. CBD oil is made by extracting CBD and combining it with a carrier oil, such as hemp seed oil or coconut oil. It has a plethora of reported health benefits from relieving anxiety and depression, to stopping certain types of epilepsy in their tracks. For more on CBD in general, please check out the various other HealthyTOKYO articles about CBD.

がんとはどんなもの?

2018年に米国癌学会が提供した統計によると、米国の男性は一生の中で、がんを発症する可能性が39%あり、女性は37%で、男性よりわずかに低い可能性を示します。 これは、3人に1人が一生のうちに何らかのがんを発症する可能性が高いことを意味します。 がん患者の割合は、全人口の中でもかなり高いので、がんが危険な病であることは、みなさんすでにご存じでしょう。 しかしがんって一体どんなものでどのようにして発症するのでしょうか?
がん はたくさんの種類がありますが、がん細胞 は本質的に制御不能で止まることなく分裂します。 がん細胞は周辺にも広がり、正常な身体機能を阻むものです。

真にがんを理解するには、まず最初に人体の細胞の仕組みや働きについて知らなくてはなりません。 生命を維持するためには、体内で細胞は再生する必要があり、そのことで有機体が成長し、古い細胞を置き換えたり、修復したりするのです。 1つの細胞を2つに分裂させることで、有糸分裂として このプロセスは行われます。
細胞が分裂すると、身体がスムーズに機能するように必要なDNAの情報をも正確にコピーして作られるのです。 1つの細胞が傷ついたり古くなったりすると、代わりに新しい細胞が作成されますが、一部の古い細胞・損傷した細胞は簡単に新しい細胞ができるわけではありません。

簡単に言うと、がんは「細胞分裂」の副産物で、死んだはずの細胞も実はまだ体内に残っています。 これらの細胞は体内で知らず知らずに増え、最終的に腫瘍と呼ばれるまで大きなものになってしまうのです。
がん細胞は酸素や栄養を摂取しようとして、周囲の細胞に悪影響をもたらす非常に恐ろしいものです。通常この恐ろしい細胞は、免疫システムが除去しようとしますが、そのシステムからも逃れて、がん細胞は増加するのです。

がんに効果があるCBDオイル

ではどのようにCBDはがんの方程式に取り込まれるのでしょう? CBDはすでに広く認められている緩和方法です。がんの化学治療による副作用、痛み・吐き気・食欲不振などの症状を和らげてくれます。 確かにこれらの症状の緩和には医療用マリファナも人気があります。

CBDはさらにもっと驚くべき効果があります。それは 抗腫瘍性(悪性腫瘍の成長を抑制する)もCBDにはあるのではないか?ということです。 前臨床実験によれば、CBDのようなカンナビノイドが、この抗腫瘍効果で、がん細胞の増加を抑える可能性があるのだと言います。 CBD は、肺や甲状腺、膵臓・子宮・乳房・前立腺および大腸など、様々な種類のがん細胞を殺すことさえありえるのです。

1970年代のマウスに関する前臨床試験では、カンナビノイドが、肺腺がんの腫瘍の成長を抑える力があることが示されました。 さらなる研究では、カンナビノイドがアポトーシス、細胞死の一種ですが、がん細胞でそれを引き起こすことも示唆しました。(アポトーシス=人体をよりよい状態にするために、積極的に発生する細胞の自死を意味します) しかしながらある研究では、試験管内実験とも呼ばれるイン・ヴィトロ で、少量のカンナビノイドががん細胞を増やしたとの逆説的な結果を生み出した例もあります。

まとめ

上記のような例があるにも関わらず、がん細胞と闘うCBDのようなカンナビノイド の使用効果を裏付ける研究は、まだ初期段階にあります。 昨今CBDに注目が集まっており、ますます関心が高まっている分野なので、がんにCBDオイルを使用して得られる効果についての研究には、非常にいい風が吹いていると言えるでしょう。 CBDまたは健康関連の問題で、何か質問があれば、ウェブページの右下にあるチャット機能を利用してください。

最後におさらいしておきましょう。

● 統計的に、3人のうち1人が一生で何かの癌にかかる

● がんとは、古い細胞や損傷した細胞の制御がきかない分裂です。

● CBDはがんの化学治療によっておこる吐き気やムカムカを緩和する効果が期待できる

● 多く使用することで、CBDのようなカンナビノイドはがん細胞の細胞死を引き起こすという効果も期待できます。

コメントを残す