Chat with us, powered by LiveChat

Place your order before August 8th and we will deliver before the Obon holiday
Orders placed after the 8th will be delivered on the 19th

安眠効果のあるCBDオイル~不眠症に悩むあなたに

安眠に効果があるCBD

安眠のためにCBDオイルを使うのは一般的な用途の1つです。 前の記事では、てんかん がん そして多発性硬化症 に驚くべき効果を発揮するCBDオイルについてお話ししました。 ですがもっと日常的に使用できる、睡眠に効果があるCBDオイル について知りたくありませんか? あるデータによれば、3人のうち1人が睡眠障害に悩んでいるとされます。 睡眠障害に陥ったら、それがその日1日中、あなたの生活にどれだけダメージを与えるかというのはよくおわかりでしょう。
恐らく私たちの多くが抱えている「眠り」に関する問題、CBDオイルがどのように有効であるかを見ていきましょう。

CBDオイルとは?

カンナビジオールは、CBDと略され、薬用植物アサに含まれる多くのカンナビノイドの1つです。 カンナビジオールが、もっとも普及している形のひとつがCBDオイルです。 痛みを和らげ、うつ症状・不安感を抑えるなど、数多くの健康上のメリットがあることが調査報告されています。 今回の記事では、CBDオイルが睡眠障害に役立つかもしれない、その可能性をご紹介します。 CBDオイルについて、ヘルシー東京の記事はたくさんありますので、その特性や概要については、そちらを参照してください。

どうして私たちは眠るのでしょう?

私たちが睡眠をとる理由は、この記事では説明しきれませんが…。 なぜ私たちが眠るのか?正確な理由はわかりません。しかし人生の3分の1を睡眠時間に充てる理由の仮説がいくつかあります。

まず「省エネ理論」です。現代の裕福な時代のずっと前、カロリーの消費を抑えるために人間は眠るという率直な理論です。 大昔、食料を集めるには夜は効率が悪かったでしょうし、そう考えると夜エネルギーを消費しないように眠るのは理にかなった方法と言えるでしょう。

そして「修復理論」もあります。 私たちはしばしば「睡眠」と「休息」を同じ意味で使います。眠っている間に筋肉を修復し、たんぱく質の合成をするなど、体を修復・回復させるには睡眠がちょうどいい機会となるのです。 いっぽう睡眠不足は免疫システムを低下させ、ともすれば病気にもかかりやすくなってしまいます。 さらに脳はアデノシンを睡眠中に取り去ることで、脳を修復するとも言われます。アデノシンは脳細胞が活発に動いた結果の副産物ですが、これがたまると、私たちに眠気を感じるように信号を送ると言われています。

最後になりますが、「脳の可塑性理論」というのもあります。 脳が再編成・再構築するために、睡眠時間を利用するのではないか?という興味深い仮説です。 あなたの脳を、1日中ずっとたくさんの情報を受け取る巨大な倉庫と仮定してみましょう。 もしこれらの情報を整理・保存するのに時間をかけなければ、すべて混乱し、私たちの体はスムーズに機能しなくなります。 以前「多発性硬化症に効果があるCBDオイル」の記事で述べたように、CBDオイルは神経炎症を軽減し、神経可塑性を促す神経保護剤であることを示す強い裏付けもあります。

幼児は毎日13時間以上の睡眠を必要とし、脳の発達に睡眠が重要であることは明らかです。成人であれば、 睡眠が足りないと新しい物事を習得する力が著しく低下するでしょう。 ほかにも私たちが眠る理由を裏付ける理論がありますが、ひとまず置いておきます。睡眠を妨げるものは何か、CBDオイルがそれにどのように効果があるのかについて話を移しましょう。

なぜ不眠症は起きるの?
痛み・不眠症…そしてCBDオイル

「不眠症」と呼ばれるこの症状には、全人口の30%の人が 悩まされていますが、どうして不眠症は起きるのでしょうか。 眠れない一般的な理由は主に、不安感・ストレス・うつ症状です。 睡眠不足がまたこれらの症状を悪化させるので、まさに悪循環です。 以前のヘルシー東京の記事でも述べましたが、CBDオイルは上の3つの症状すべてを軽減するのに役立つとみられています。

慢性的な痛みで苦しんで眠れない人と同様に、精神的な問題で眠れないことも非常につらいことではあります。 CBDオイルのようなカンナビノイドは、慢性的な痛みに役立つとは言いづらいですが、 多くの健康効果の一部として、鎮痛効果 や抗炎症効果を持っています。

CBDオイルと睡眠の関係性を調べる研究では、睡眠障害に悩んでいる人の70%近くが 、CBDオイルを使い始めてわずか1ヶ月で睡眠が改善したという報告もあります。 しかしさらに長い期間CBDオイルを使用すると、結果は混とんとしてきました。 これは、CBDオイルを使い続けると、しだいに安眠効果が低くなるかもしれないことを示しています。

別の研究では、400人以上のボランティアを調査することで、 CBDオイルが睡眠を助ける効果があることもわかっています。 彼らはCBDオイルを使うことで、睡眠が大幅に改善されて不眠も減少したと報告し、結果はおおむね良好なものでした。 この研究では、さまざまなカンナビノイドが実験されましたが 、CBDオイルが最も睡眠効果に優れていたとの結果が出ています。

さらにブラジルで行われた、睡眠サイクルにおけるカンナビノイドの影響を見る調査では、 CBDは睡眠の3段階 (ノンレム・徐波・レム)いずれもダメージを及ぼすものではないと判明しました。 従来からある精神安定剤は、睡眠サイクルを抑制することがわかっているので、このことは不安感から来る不眠に悩む人には朗報と言えるでしょう。

注意すべき点は、不安感や痛みを和らげ、ストレスから解放されて心を安らげるためには、CBDオイルは大量に使うのがベストということです。 少量の使用では逆に注意力がアップしてしまうので、気をつけてください。 ただしCBDオイルの効果は個人差がありますので、安眠のためにCBDオイルを使う場合には少量でまず試し、自分の適量を知るようにしましょう。

まとめ

睡眠は健康をキープするためには欠かせないものであり、睡眠障害に悩む人が多い昨今、なんとかいい方法を見つけようと考えるのはごく自然なことです。 不眠症に悩んでいるのであれば、CBDオイルを使うのはいい方法かもしれませんよ。
もし睡眠に効果があるCBDオイルや、他のアプリケーションについての質問、または健康全般についての質問がある場合は、ページの右下にあるサイトチャット機能を使用してくださいね。

最後におさらいしておきましょう。

● 3人中1人が睡眠障害に悩んでいる

● CBDオイルと同様に、睡眠は神経可塑性(脳が学習し、記憶を有する能力)を助けると理論づけられる

● 十分な睡眠がとれないと学習能力は低下する

● 不安感やストレスが不眠症の主な原因だが、CBDオイルがそれを和らげてくれる

コメントを残す