セリアック病でも東京で楽しめる

セリアック病でも東京で楽しめる

セリアック病にり患している人は、東京への旅行に不安を抱くかもしれません。 しかしあなたは1人ではありません。 インターネットで検索をかけると、恐ろしいインフルエンサーや否定論者によるYou-tubeの動画やブログが次々に表示されます。 ウェブに出ているものはほとんどは誤った情報や意見なので、それを信じるのならば日本に行くことはできません。 それどころか日本に長期あるいは短期滞在、ビジネス・娯楽・ オリンピック観戦で来ているかにかかわらず、安全に食事ができて世界で一番美しく活気に満ちた街のひとつを楽しむことができます。 あなたの出身国に関係なく、成田か羽田空港に降り立った時より健康になって東京を離れることになるでしょう。

私はセリアック病と診断される10年前、2000年代の初めに日本に旅行しはじめ、 うどん・餃子・天ぷら、醤油を使った料理や唐揚げを食べました。 都内を歩いていると至るところでいいにおいがして、とてもその誘惑に打ち勝つことができませんでした。 帰国するたびに私はちょっとずつ体重が増えていました。タコの唐揚げやクリームがたっぷりのペイストリー・東京ばな奈を食べ過ぎた結果です。

病気の診断を受けてから初めての東京旅行で、夕飯を食べる仲間たちがラーメンスープをごくごく飲んでいる間、私はプロテインバー(KINDバー)を頬張るしかなく、涙が出たのを思い出します。 間違いなくセリアック病は社会的に疎外されていると感じることがあります。 病の複雑さを新しく知り合いが増えるごとに、繰り返し説明しなくてはならないことにうんざりもします。 人はほとんどそれがその人自身の選択だと思うでしょう、菜食主義者なのだろうと。 好き嫌いが激しいか、いま流行のグルテンフリーのダイエット方法を実践していると思う人もいるかもしれません。 とんどの人はこの病が生命の危険にも関わる自己免疫疾患だとは把握していません。 セリアック病の患者は、健康で生きながらえるためにはそうするしか選択の余地がないのです。

認識の欠如は1950年代に発見された病気にのみ予測されます。 アメリカではその病の人はわずか1%(300万人)に過ぎず、 そのうちの97%の人たちは正しく診断を下されておらず、 診断される前に何年もの間誤診に悩むこととなるでしょう。 世界的に患者の人数が増加し、もっと多くの外国人が日本に来れば、セリアック病に対応する必要性はますます高まると思われます。 日本では発症率は非常に低く(2万人で1人) 首都・東京でセリアック病患者の宿泊施設に悩まされる必要はないと考えるのは当然のことです。 あるいは外国人観光客は東京にステイするのは難しいと考えがちですが、 これは真実ではなく2つの根拠があります。

1つには日本はアイデアを取り入れて改善する独自の能力があるということ、 例えば私はアメリカの主要先進都市に住み、大学や最先端医療センターがあり、GiG (Gluten Intolerance Group)の本拠地でもあります。 GiGはセリアック病の治験を実施し、食品製造施設を注意深く検査してからアメリカ全土の食品を認証します。 しかし皮肉にも私の故郷のどこにもグルテンフリーのレストランはありません。 対照的に東京では電車で数分以内・徒歩、あるいは宅配で セリアック病に対応してくれる5つのおいしいレストラン(100%グルテンフリー)を知っています。 して現在、都内レストランのオーナーの多くがセリアック病に対応しようと前向きに検討しています。 彼らは交差汚染の怖さを理解しており、多くの人がセリアック病と診断され、さらに大勢の外国人が日本に旅行する以上、100%グルテンフリー食品の必要性を痛感しています。 日本で作られるグルテンフリーパスタ・パン・ロールパン・ベーグルやケーキはアメリカで味わったものと比べるとはるかに質が高いです。 ここには新鮮な魚介類や高品質の肉・果物や野菜があり、他では見つけられないものもあります。

Gluten Free Gyoza Dinner

私の100%グルテンフリー餃子です。

2つ目の理由は、東京は安全を感じられ、おもてなしというサービスを受けて食事が食べられることに起因します。 日本文化に深く根差した概念がおもてなしであり、 れについて説明するにはいくつか方法がありますが、 チップなど報酬はかえりみず最高のサービスを提供し、 お客様や顧客の希望を無私無欲に考える概念が存在するのです。 東京での滞在では私は毎日これを体験します。 ここではセリアック病の発症率は低いですが、あなたの状態を完全には理解していなくても、あなたのニーズはしっかりと受け止められます。 あなたはただ質問するだけでいいのです。 もし要望が却下された時は、無礼な客としてみなされたからではありません。 この場合はあなたのニーズを満たせるように設備が整っていないと考えられたからでしょう。 結果的には交差汚染やその後病気のリスクにさらされるよりは、むしろ断られた方がましです。

私は東京に頻繁に行き続けて、発展中のグルテンフリーコミュニティでレストランやショップのオーナーを知ることができて幸運でした。 日本でも自炊ができるようにNIMAセンサー(グルテンが入っているか2分で検出できる)を使って、常に食品店で買ったパッケージ食材を検査しています。 今後の記事では、私が見つけたおいしいものをシェアします。空港やコンビニエンスストア、スーパーマーケット、安全に食事できる日帰り旅行の場所の案内やグルテンフリー食品を楽しめる夢のような場所についてお教えしたいです。 あなたの幸せとセルフケアのため、セリアック病患者のニーズや合併症に対応するために医学界には英語を話す人もいます。 東京にはバイリンガルがいる整体院も多数あり、 有機CBD製品などセリアック病の不安にも役立つ新しい治療法があります。グルテン抗体レベルを見るためのtTG/IgAを検査するクリニックでさえ英語を話せる人がいます。

東京での滞在中は安心しておいしい料理が楽しめますし、この個性的で素晴らしい都市でかけがえのない経験をすることができますよ。

Block "ht-cbd-oil-table" not found

コメントを残す